校長先生御挨拶

吉田校長顔写真        

      令和3年4月

       福井県立高志高等学校
      学校長  吉 田  繁

 

 

 

 高志高校同窓会の皆様には、普段より母校のために多大なるご支援、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 

 高志高校は、「克己」「創造」「敬愛」の校訓のもと、「国際社会および地域社会のリーダーとして貢献できる知徳体の調和のとれた人材」の育成を教育方針として、一貫して、学習指導、生徒指導、進路指導の充実等に取り組んでいます。

 

 また、本校は、昭和23年の創立以来70年の歴史を重ね、県内有数の進学校として、これまでに多くの卒業生を世に送り出してきました。皆様の国内外における活躍は、本校の誇りでありますとともに、生徒・教職員が自信を持って高志高校で生活していく心の支えとなっています。

令和2年3月に、第71回卒業生を送り出した時点で、卒業生がついに3万人を超えました。一方、県内の理数教育を牽引してきた理数科が閉科となり、昭和44年以来続いた歴史に静かに幕を下ろしました。

 令和3年3月に、高志中学校1期生を含む第72回卒業生が、大学や社会に巣立っていきました。昨年度の3年生は、相次ぐ大学入試改革の混乱、新型コロナウイルス感染症の拡大、大学入学共通テスト直前の大雪による臨時休業等、数々の困難を乗り越えて大学入試に臨み、大きな成果をあげてくれました。一方で、志望校合格を果たせず再起を決意した生徒もいます。今年度の3年生ともに、来春の栄冠を目指して、頑張ってくれるものと信じています。

 

 新型コロナウイルス感染症は、専門家による知見の集約、ワクチン開発等、徐々にではありますが、感染症対策の方向性が見えるようになってきました。

 昨年度、残念ながら中止した同窓生が集う「みどり葉の集い」は、今年度は、開催方法を変更して、感染症対策に配慮した計画が進んでいるようです。

 長い時間をかけて準備にあたって来られた実行委員長はじめ幹事学年の同窓生の皆様に感謝しつつ、無事、集いが開催されることを期待したいと思います。

 

 不易流行という言葉がありますが、本校は、同窓生の皆様が取り組んでこられた学校のアイデンティティーを大切に継承しつつ、一方では、時代の変化や社会の要請にアンテナを張って、社会が求める人材の育成にも挑戦しようとしています。

 平成15年度から取り組んでいる、国際的に活躍する理数系人材の育成を目的とした「文部科学省スーパーサイエンスハイスクール(SSH)事業」、平成26年度から5年間取り組んだ、国際的な課題解決に貢献できるグローバルリーダー育成を目的とした「文部科学省スーパーローバルハイスクール(SGH)事業」(令和3年度から「SGHネットワーク」に参加することになりました)などです。

 生徒の活動の場は、学校内に留まらず、大学や研究機関・企業の皆様のご協力のもと、海外にも広がっています。

 平成27年度には、併設型中高一貫教育が始まりました。中学生と高校生が同じ敷地で学校生活を過ごす、高志中学校から入学してきた生徒(内進生)と高校入試を経て入学してきた生徒(高入生)が学習や部活動、学校行事などで切磋琢磨する、県内の公立高校ではどこにもない景色が繰り広げられています。

 

 今年度は、文部科学省事業のほか、NPOや民間企業等と連携した新しい教育活動も展開して参ります。

 我々教職員は、どこにもないユニークな高校として、高志高校だからできること、高志高校でしかできないことを追求しながら、「国際社会および地域社会のリーダーとして貢献できる知徳体の調和のとれた人材」の育成に取り組み、生徒諸君のチャレンジを応援していきたいと考えています。

 

 生徒が新しいことにチャレンジするためには、そのための勇気を奮い起こすことができる安全・安心な基盤が必要です。

 その基盤は、私の子どもであり、教え子であり、母校の後輩である生徒の健やかな成長を願う、保護者、教職員、そして同窓会の皆様の温かな思いではないかと思います。

 同窓会会員の皆様、今後とも、これまで同様のご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。