校長先生御挨拶

          

      高志校長

 

   

                           福井県立高志高等学校
                    学校長  平 松 正 尚

 

 高志高校同窓会の皆様には、普段より母校のために多大なるご支援、ご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 本校は、昭和23年の創立以来、県内有数の進学校として、これまでに2万9千名以上の卒業生を世に送り出しています。同窓生の皆様の国内外における活躍は、本校の誇りでありますとともに、生徒・教職員が自信を持って高志高校で生活していく心の支えとなっています。

 さて、本校では学力向上を最優先にしつつも、多様な進路志望や価値観を持つ生徒の育成に力を入れています。そのため、同窓生の皆様が取り組んでこられた部活動や学校行事を、必要に応じて形を変えながらも継続して実施しています。

 一方新たな取り組みといたしまして、国際的に活躍する理数系人材育成を目的とした「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」を平成15年度から、さらに、課題解決に貢献できるグローバルリーダー育成を目的とした「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」を平成26年度から、いずれも文部科学省の研究指定校として取り組んでいます。生徒の活動の場は、学校内に留まらず、大学や研究機関・企業の皆様のご協力のもと海外にも広がっています。

 平成27年度に高志高校に併設された高志中学校は、今年度3学年が全て揃い、生徒数は高校生840名と中学生268名合わせて1,108名となりました。

 高校生と中学生が交わる機会が増えるように、入学式や卒業式等の式典をはじめ、学校祭や合唱コンクール・講演会等の学校行事を合同で実施しています。

  我々教職員は、校訓「克己・創造・敬愛」のもと、国際社会および地域社会のリーダーとして貢献できる、知徳体の調和のとれた人材の育成を目指します。

 同時に、生徒・保護者および同窓会の皆様とともに、本校に関わられた全ての人々の思い、伝統を継承しつつ、福井県初の中高一貫教育の完成をはじめとする新たな歴史を築くため、絶えず新しいものにチャレンジ、前進して参ります。

 今後とも今までと同様のご指導、ご支援をよろしくお願いいたします。