同窓生紹介

光照 良眞

kosyou■職業 
弁護士 福井弁護士会所属、
    北川法律事務所(福井市)勤務
僧侶  自性院(福井市)法嗣

■経歴
昭和56年8月9日 福井市生。
豊小学校、明倫中学校、高志高等学校普通科、東京大学文学部行動文化学科社会学専修課程、東京大学人文社会系研究科社会文化研究専攻社会学専門分野、東京大学大学院法学政治学研究科法曹養成専攻。
平成22年弁護士登録。
高校時代、藤田佳久先生の世界史の授業を受け、世界史の持つ地理的時間的一体性とスケール感に惹き込まれ、世界史の大学教授になるべく大学へ進学しましたが、大学進学後は、学部では社会学、大学院(修士課程)では統計学及び行動経済学、さらに大学院(ロースクール)では法律学と、いわゆる社会科学の分野の勉強をしてきました。

■所属団体
・福井弁護士会
(民事介入暴力対策委員会、法教育委員会、倒産法問題対策委員会、司法修習委員会)
・法と教育学会(正会員)
・福井法教育研究会
・公益社団法人福井青年会議所

■講師歴等
・平成18年から平成19年 テレビ東京「ド短期ツメコミ教育 豪腕!コーチング!! 
 芸能人こそ東大に行け!」(世界史、政治経済、国語、数学)
・平成21年 「平成21年新司法試験合格者座談会 合格者が語る「受かるための」
 勉強法」(受験新報2009年12月号,受験新報社)
・平成24年 越前町男女共同参画気づき授業「正しさというものさし」
 (越前町立宮崎中学校)
・平成24年から平成25年 全国高校生模擬裁判選手権大会及び同福井県予選大会
 支援弁護士(福井県立藤島高等学校)

■将来の夢
・自宅の一部を子供のための図書館及び児童館とすること
・世界史を学ぶ意義とその楽しさを書籍にすること

■好きな言葉
・noblesse oblige
・桃李不言下自成蹊

■信条
・本物の笑いはすべてを解決する
・ご飯大盛

■関心のあること・取り組んでいること
現在、子供たちに対する市民教育(法教育)に関心を持っており、その活動に従事しています。具体的には、私のバックボーンとなっている世界史、法律学、行動経済学、社会学及び統計学の考え方を通じて、子供たちに対して、

①先進国が到達した民主主義、人権及び自由主義経済(豊かさ)は所与でも当たり前でもなく人類の歴史的・地域的な獲得物であること

②民主主義及び人権(さらには豊かさ)は生み出した人間自身の手で危機に陥るものであり、市民がその尊さと脆さを意識して市民生活を送らなければ失われる可能性があること

③市民が政治活動・経済活動・文化活動の主体として現在の社会とこれまでの歴史を作っていること

④批判的な態度で十分な情報を収集し、得られた情報を多角的に検討し、自分自身で自分の意見を形成し、それを他者に正確に伝え、時として他者の意見によって自分の意見を修正していくスキル

を教えていきたいと思っています。